2009年8月29日

FF14 ギルドリーヴシステム

ギルドリーヴの受領シーン。 アサルトっぽいですw
コレは、フィールドオブヴァラーみたいな内容のモノ
クリア報酬は2000ギルとハイポーションです。
FFXIVではギルドリーヴで金とアイテムが得られるので、
そこまで金策だの薬品調達だのに苦労しない......と思うw
右下にチョット見えるのは、HP、MP、TPゲージ。

とてつもなくキレイなグラフィック。
見よ! FFXIがゴミの様だ!
見よ! ドードーが丸くなってしまっているではないか!w
(ちなみにプークも色とか姿が違いますw)
右下には、しっかり敵のHPゲージが表示されていますなw

ギルドリーヴっていうのは、前に言ったとおり、
クエストとアサルトを足して割ったもの。

レベル制ではなく、スキル制なので、
特定のスキルが上がりやすいギルドリーヴや、
多人数でHNM級を倒すギルドリーヴ、
戦闘を一切しないギルドリーヴなど、
様々なギルドリーヴでスキルを上げていく事になる。
(別にギルドリーヴを受けなくてもスキル上げ出来るが、
 受けた方が上げ易いし、報酬も貰えるしw)

というわけで、戦闘システム(´∀`)b

オートアタックはありません!

1.敵『パーティ』とエンゲージ(交戦状態)になると、
ログに「Playerは、モンスター名のパーティを占有した」
と表示されて、戦闘開始。
はい、今回も占有式ですねw しかも敵パーティ丸ごとw

2.Actionゲージ(ATBゲージと思えばOK)が蓄積し、
MAXになるとコマンド受付(コマンドを選んで行動可能)
コマンドは、デフォルトの設定では画面下部にあるアイコン群。
このコマンド(アイコン)の中から使うアビリティを選択。
(アビリティは登録(セット)しておく必要があるので、
 FFXIのマクロに近い感覚(FFXIVのマクロは別にあるがw))

3.更にゲージが蓄積していき、MAXになると行動を実行。
(ACTゲージがMAXだと伸び始めるPowerゲージと呼ばれるゲージ
 (←の下のSSの怒声ン所にゲージが2つあるでそw)がMAXの時に、
 アビリティは最大限の性能を発揮するという仕組みなので、
 各行動(アビリティ)は実行するタイミングも重要)
 
2と3を繰り返して、敵パーティを殲滅すれば戦闘勝利。

魔法は、FFXIと同様にMPを消費する。
技も、FFXIと同様にTP消費型なのだが、
FFXIと異なり、消費量が技ごとに決まっている
(剣技で言うなら、レッドロータスなら○○消費、
 サークルスラッシュなら△△消費という感じ)ので、
つまり、発動すると全消費するというFFXI仕様ではない。
(威力の変動は、TP量ではなくパワーゲージ蓄積量なので)

戦闘をしなくても能力値の成長は可能なので、
やろうと思えば、戦闘回数0で最高レベル
(レベルじゃないけどw)まで上げられる(´∀`)b
(まあ、戦闘可能な人間の補佐がないとキツいと思われるがw)

というw FFXIとは色んな所で真逆です。

trackbacks

trackbackURL:

Recent Entries

  1. 巡回用
  2. 2009年秋期放送開始の新作アニメ一覧
  3. ドラゴンボール レイジングブラスト
  4. ドラクエIXで改造データとのすれ違い通信に注意 スク・エニが警告
  5. 32年続いた「ヤッターマン」がついにグランドフィナーレ!!
  6. 新型プレイステーション 3
  7. 姫ちゃんのリボン カラフル
  8. Googleのトップページにドラえもん
  9. キヤノン EOS 7Dを10月上旬に発売
  10. 東京ゲームショウ2009